ecommit ブログ

Home»ecommit blog»会社の価値を最大化すること
2018 06 06
武石伸一
常務執行役員・海外営業部長

会社の価値を最大化すること

1.はじめまして、武石です

みなさん、こんにちは。常務執行役員の武石です。

2017年7月にecommitに参加して、10か月が経とうとしています。

以前の会社にいたときは、「何か面白いことないかなぁ」とため息をついていましたが、ここでは沢山の面白いことに寧ろ追いかけられて、毎日楽しくやっています。ワークとライフがほぼ一致しているから、バランスを取る必要がない。Work is Life. という理想形ですね。

 

2.会社がうまくまわるって?

最近悩みに思うのは、「会社が良く回って行くって、どういうことなんだろう?」ってこと。

ecommitは、規模の小さな若い会社だからか、マネジメントの想いが先行して、制度や仕事のやり方などがうまく揃っていない会社でした。最初は困惑したものです。でも、いま落ち着いて考えてみると、逆の場合はどうなんだろう?って思うんです。

逆に言って、仕事がきれいに役割分担されて、業務マニュアルが整備されて、制度が整っていれば会社組織って最高のパーフォーマンスが出るんでしょうか?大きい会社って、割とそういうところで効率を追い求めて利益を出しているけど、一方でそうすると社員がただの歯車になってしまうリスクもある。

ecommitは、これまでカリスマ性の高い社長が一人で引っ張ってきた会社です。それが、社員が100人を超えてきたころから一人で動かせる規模にも限界が出始めてきた。だから私が入社したころから、もっと理念共感型のマネジメントチームでの運営に移行しているところなんだと思います。

 

社員が合理的な大きな仕組みの歯車になるのではなく、1人1人が意思をもった仲間として、日々考えながら、ワクワクしながら仕事ができる環境を作ることこそが、「会社がうまくまわる」ということなのではないかなと。

そんなことを最近感じています。

 

3.会社の価値を最大化するには?

で、次に会社の価値を最大限化するにはどうすればいい?ってことについて。この会社で初めて見えたことって、中小企業だからこそ会社の個性(=ecommitらしさ)をもっと強くしないと駄目なんじゃないかって事です。単に社員をロボットのように動かしては駄目。大手企業の真似をしてもうまくいかないはず。自分のこれまでの大手企業での経験は、そのままこの会社に適用してはいけないと、肌で感じるようになってきました。

仕事が先にあってそれに社員が従うのではなく、働く人が本当に楽しく、そして活き活きと仕事をすることで、会社が本当にうまく回るんじゃないかな。そこを下支えするのが「会社理念と目指す方向」。役員の仕事は、理念の宣教師になることと、皆が気分よく働ける環境を整えていくことだと思います。

 

でもそれってホント難しい。何が正解かもわからないし、色んなことをしないといけないのだろうけど。。。

今思っているのは、まずは朝会社に来たら顔を見て、挨拶をし、話かけることから。それが事務的になっては全然意味がないから、自分も「心を込めて」そして「楽しみながら」やることが大事ですよね。皆の小さな変化に気が付き心を配り、心を配られた方も気配りを返してくれる。皆が気分よく働ける場所に近づけて行けたらいいな。

 

まだまだ悩みの尽きないことだらけ。これからもブログで相談していきますので、気づいたり感じたりしたこと教えてくださいね。お付き合い頂きありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。 (@^^)/~~~