私の目指すecommitの未来(エリアマネージャー就任にあたって)

Home»ecommit blog»私の目指すecommitの未来(エリアマネージャー就任にあたって)
2017 12 27
成田 絵里
事業部 東日本エリアマネージャー

私の目指すecommitの未来(エリアマネージャー就任にあたって)

このたび東日本エリアマネージャーに任命いただきました、成田絵里と申します。
嬉しい反面その責任の重大さを感じております。

私は、営業業務も管理業務も人事業務も経理業務も出来ません。その変わりに事業所のパフォーマンス向上に徹して、業務をフォローいただく方々に感謝する事を常に意識して仕事をしています。
入社当初は、現場作業、事務業務、全てにおいて片手間でおこなっており、本来の業務が発揮出来ずにいました。
時にはトラックに乗り回収に出向きと、現場では常に何かおきていました。
今は人が増え、ちゃんとした役割分担が出来るようになっており、会社の成長スピードには驚きばかりです。

これからの展望に関して。

3年位前東京営業所で仕事していた時、通りがかりの人に「ここは、ゴミ屋さんですか?」と言われたことがあります。
本当にショックでした。
まだまだ売れる物もたくさんあるのに・・・と。
「ゴミ屋さんと言われないように・・・」という信念は、いまも変わりません。
誰かの手を離れた物たちが、また新たな居場所で光り続ける。そのお手伝いができるこの仕事の魅力を、もっともっと大きくしていくことが私の目標です。

そのために、社員の育成はとっても重要です。人(人材)こそが会社(事業)を動かすからです。

「ecommit」は一人一人の社員で構成されるチームです。
1人で考えると、自分の立ち位置や行き先がわからなくなることもあります。

だからこそ、なによりもチームであることが大事だと考えています。
人にはそれぞれ、団結する力があると思います。それを私たちは大切にして頑張っていきたいと強く思います。

入社以来、何も分からずとも無我夢中の思いで勤めてまいりました。

文章を書くのも苦手ですが、こちらのブログにも、時折登場させていただきますね。

まだまだ未熟な私ですが、今後とも、より一層のご指導・ご鞭撻のほどを宜しくお願い申し上げます。