C-LOG | 100年の視座にたった生き方やプロジェクトを紹介するメディア

facebook twitter

「Uターンしてローカルベンチャー」のススメ

永山由高
取締役・経営戦略部長

2019年07月29日

新しい働き方田舎でクリエイティブ

IMG_6920

こんにちは。経営戦略部の永山です。

今日のテーマは「Uターンしてローカルベンチャー」のススメ。

僕は2009年に東京の大手投資銀行を退職して鹿児島に帰りました。きっかけは、リーマンショックです。

銀行員として、融資と投資を通して地域を活性化させると信じていた僕は、自分の力の無さを痛感し、

地元鹿児島で「足腰の強いビジネスモデルをつくる側に回る」と決めました。

実際にUターンして感じたのは、「地方、めっちゃ出番多い!」ということ。

都市圏には、専門的なスキルやノウハウを持つ人がたくさんいます。

資金調達ひとつとっても、借入に関する相談はこの人、投資に関する相談はこの人、

クラウドファンディングに関する相談はこの人、といった感じで、高度に専門家されたスペシャリストがゴロゴロしています。

一方、鹿児島。

僕は、銀行員は数年しか経験していないにもかかわらず「資金調達の相談なら永山にお願いしよう」と、いろいろと頼ってもらう機会に恵まれました。

そこから経営コンサルティングの仕事に出会い、今ではこうやってecommitの中の人になっているわけです。

ちなみに、「地方、めっちゃ出番多い」説は、領域をまたいだ経験も含みます。

例えば僕は、ecommitの役員をしながら、地元のまちづくり会社の経営をしながら、地元のラジオ局のMCをしながら、エアギタリストとしても活動しています。

〇〇の専門家、とされる人が少ないので、ある程度真面目に一定期間勉強し、経験を積めば早い段階で前線にたつ仕事に触れることができます。

そして、そんな「めっちゃ出番多い」仕事の最たるものが、ローカル×ベンチャー企業という組み合わせ。

ただでさえ「なんでも自分でしないといけない」ベンチャー企業なうえに、周りには頼れる専門家の少ない田舎です。

これはもう、強制的に個人の能力を伸ばすしかありません。

ということで、東京で暮らし、自身の専門性を高めることに危機感を持っている同世代の皆さん。

Uターン×ローカルベンチャーという組み合わせ、かなりアリだと思いますよ。

ecommitでも通年で人材募集中です。

興味お持ちいただいた方は、こちらからどうぞ!

https://www.wantedly.com/companies/ecommit-kandk2/projects

この記事を書いたライター

永山由高

取締役 経営戦略部長

永山由高

1983年鹿児島県生まれ。高校まで鹿児島で育ち、福岡での大学生活を経て2006年から日本政策投資銀行へ。リーマンショックが契機となり鹿児島にUターンしてからは、まちづくり会社(鹿児島天文館総合研究所Ten-Lab)の代表をしながら、ecommitに参画。現在は取締役として経営戦略を担当している。趣味のエアギターはかなりの腕前で、2018年には日本選手権で2位に入った。

top