つながれば、価値が生まれる。

中途入社一年目!鈴木の鹿児島移住ブログ!

ブランド戦略部

こんにちは。

ブランド戦略部 サブマネージャーの鈴木です。

photo01

先日、東京出張に行った時のブランド戦略部の貴重な3ショット!(瞬時にポージングするあたり明るさが前面に出てますねw)

 

ecommitにジョインしてから早1年と2か月が過ぎました。

今日は、移住を迷ってる方に向けて、私の体験談をお伝えしていこうと思います。

はじめに、鈴木の簡単な自己紹介をしますと、

 

  • 娘二人(しっかり者の11歳・おてんば4歳)
  • 東京に15年以上居住
  • 鹿児島大好き
  • 東京も大好き
  • ミーハー
  • 好きな言葉は「やらぬ後悔よりやる後悔」
  • 嫌いな言葉は「石の上にも三年」

 

いづれは地元の鹿児島に帰りたいという漠然とした想いはあったものの、決定打がないまま何年も時月日が流れていました。

様々なタイミングが重なり、いよいよ本格的に鹿児島移住を考え始めた時、ネックになっていたこと。それは、

 

  • 仕事はあるの?
  • 給与水準は低くない?
  • 鹿児島イケてる?
  • 子供にとって東京/鹿児島どちらが良い環境なの?

という点。

 

結論。

上記すべてクリアし、今に至ります。

忙しくもやりがいのある仕事と、アツくて愉快な仕事仲間に出逢えて、帰ってきて良かったと心から思っています!

なんで?ほんとに?どんなところが?気になりますよね!

解説していきましょう!

 

1:仕事はあるの?

➡ある!

鹿児島に求人は沢山あります。

ecommitの募集記事は見ていただけましたでしょうか?(株式会社ecommitページはコチラ

鹿児島中央駅近くの鹿児島オフィス

photo02

鹿児島オフィスの机や椅子、コップに至るまでほとんどがリユース品!(さすが「循環商社」👏)→詳しい記事はコチラ

薩摩川内市役所近くの川内オフィス↓

photo03

こちら東南アジア向け会員制BtoB越境ECサイト『ECOBASE GLOBAL』ローンチの様子。

社内の重要な行事は、リアルとオンラインで全拠点繋いで全メンバー参加するハイブリットなのもecommitの特徴。

入社式もハイブリットでした!

photo04

ecommitでは、全国の拠点で様々な職種の募集をしておりますので、ぜひ前のめりでご覧ください!
少しでも気になったら、まずはお気軽にお問合せください♪→詳しくはコチラ

2:給与水準は低くない?

(都会の給与)−(都会の家賃)で考えると、一緒なんじゃないか説。

 

3:鹿児島はイケてるの?

最近の鹿児島はイケてます。

中心部の再開発が進んでいます。
2021年6月19日 鹿児島中央駅前にオープンした商業施設[Li-Ka]

2022年4月9日 天文館元タカプラ跡にオープンした商業施設[センテラス天文館]

photo05

2022年4月1日 鹿児島県庁の18階にオープンしたコワーキングスペース[かごゆいテラス]

photo06

など最近はオープンラッシュです。

こちら、はじけるような笑顔とメガネでおなじみ、ブランド戦略部ゼネラルマネージャーの山Dです。

余談ですが、彼は、後ろにそびえ立つ鹿児島のシンボル、桜島在住です。

その他、南九州の精鋭クリエーターが作品を発表するデザインとクラフトのイベントash-design-craftも毎年開催。お洒落なモノ、人、店に出逢えます!

photo07

美味しくてお洒落な飲食店や、コワーキングスペースも兼ね備えたハイセンスなコーヒーショップも続々とオープンしています。

4:子供にとって東京/鹿児島どちらが良い環境なの?

➡これ。考えたんですが、答えが出ない。(永遠のテーマ)

東京には、最新の教育環境、刺激があるので、ハイスペックに触れる機会は圧倒的に東京が有利。

一方、鹿児島は、豊かな自然に恵まれ、都会に比べたら穏やかな環境でのびのび過ごせる。
どちらも相当、魅力的です!!

ただひとつ、Uターンしてきて気付いたことは、都会にはたまに行って刺激をもらえたら十分だということ!

 

あと、ここからが大事なポイント!

声を大にして言います!!!

東京圏から鹿児島へ移住を考えている方!!

条件を満たせば、【移住支援金制度】が申請でき、最大で100万円の補助金が交付されます!

迷っているなら、これはかなり大きな後押しになりそうですね。

引っ越し代がPAY出来ますね。

平日は全力で仕事に挑み、週末は自然と戯れる。

どー-んと構える桜島を眺めながらフェリーに乗って潮風を感じるも良し。

温泉あり、海あり、

photo08

山あり、川あり、

車を一時間走らせれば、気軽にキャンプへも行けて、脳内デトックス。

波辺で綺麗な夕日を眺めたり、

綺麗な朝日に感動したり、

photo10

子供たちにもこの景色を見せれることが何より幸せだし、普段口うるさい私ですが、

好きなだけ走り回って、思いっきり叫んで、笑って、おかしこぼしてもいいよ、土に帰るんだから。と一旦、仏になれます。(一旦)

そして、鹿児島は食が充実しています。

黒豚、黒毛和牛、地鶏、鮮魚…

美味しい芋焼酎と新鮮な地元食材を使った料理に舌鼓して、エネルギーチャージ。

そんな夢みたいな生活が、結構当たり前の日常になります。

ecommitでは、一緒に働いてくれるメンバーを大募集しています🏄

過去の記事

ecommit名物!?PRE-MMITを体験して感じた事
2022年5月31日By
「断捨離」って本当に良い事なのかと考えること
2022年5月31日By
ecommitune えこみっちゅーん
社内報に革命を!会社を一枚岩にするためにブランド戦略部が取り組んでいる事
2022年5月24日By
Subscribe now to receive sales offer and news updates!
SUBSCRIBE
close-link