つながれば、価値が生まれる。

子育て社員の働き方ブログ 〜山下彰太〜 vol.1

広報ブランディングマネージャー

こんにちは、広報・ブランディングチームのヤマディ(山下彰太)です。

ecommitには、さまざまな環境で、子育てに奮闘する社員がいます。

普通の勤務形態以外にも、フレックス・時短・単身赴任・リモートワーク(在宅ワーク)など、様々な選択肢があるので、安心して仕事をできます。

というわけで、これからシリーズで「子育て社員の働き方ブログ」をやっていこうと思います。

第一回は、わたくしから。

 

自分は、社会人になったとき、大阪にいました。

 

kosodateyamaD1

 

うい。

 

なにわの商人たちにまみれ、広告代理店のディレクターとして、日夜かまわず、ゴリゴリ仕事をまわす。

終電間際まで仕事しつつも1杯のビールを求め、バーに駆け込み同僚と飲みながら、さっきの仕事の続きを語り合う。駅前のバーを第二会議室と呼び、話が盛り上がってしまって、終電逃してタクシーで帰って、寝て、起きてまた会社。

ハードながらも、仕事は楽しく。自分らしく働けてるなとおもっていました。

そんな生活のなかで、第一子が誕生。

持ち前のバイタリティで、なんとかなるだろう!と思っておりましたが・・・

kosodateyamaD2

 

大阪の公園での1枚。

子育て環境に限界を感じ、僕は鹿児島へのUターンを決意します。

 

さて、よく聞かれるのが、田舎は子育てしやすいか?

答えは「しらんがな!」です。

鹿児島に帰って順風満帆!と言われるとそうでもなく。ここではここの苦労もあります。家族それぞれの良いカタチが有るわけで、田舎だからいいというわけでもないです。(当たり前のことですが)

移住して気づいた大切なことには、「環境」は選ぶものではなく、作っていくものだ!ということです。

都会では、モノがありすぎて、選び放題です。

田舎には、モノはないですが、つくる余白があります。

 

kosodateyamaD3

子育て環境、まだまだ模索途中ですが、ecommitで働くようになってから、子供と向き合う時間が増えたのは、たしか。

 

仕事も家庭も、ゴリゴリ環境をつくっていきます!!

 

過去の記事

ECOBASEについて ~ただモノを売る場所を作りたいわけじゃない~
2020年9月3日By
なぜECOBASEを、今この地につくるのか。
2020年8月14日By
循環の道筋をつくる、わたしたちの基地『ECOBASE KAGOSHIMA』オープンのお知らせ
2020年8月14日By

Facebook

Subscribe now to receive sales offer and news updates!
SUBSCRIBE
close-link