つながれば、価値が生まれる。

【京都超SDGsコンソーシアム】SDGs靴箱展が京都市京北ではじまりました!

弊社は、2019年に立ち上がった京都市をフィールドにSDGsの社会実装を目指す「京都超SDGsプロジェクト」を推進する産学公連携組織「京都超SDGsコンソーシアム」へ参画しております。

今回は、コンソーシアム内で、弊社と里山デザインさんで企画担当させていただいたSDGsにまつわる展示会のご紹介です。

靴箱展

3/20土曜日から、京都市京北で「SDGs靴箱展~SHOE BOXからISSUEを考える展覧会~」が始まりました。

SDGs靴箱展とは、京北地域に関連するイシュー(課題)を集め、SDGsをテーマにした展⽰であり、廃校の元京北第一小学校の入り口にある靴箱をつかっております。

2021年2月から、地域の住民や子ども達、企業やクリエーターが、SDGsにまつわる「自分ごと」のイシュー(課題)を作品にしたり、参画企業によるSDGsへの取組みについて知っていただける内容です。

靴箱展は地域の皆さんにSDGsの取り組みを知っていただくとともに、環境教育の⼀環として開放しながら、ウェブを介して地域外にも発信することで、企業やクリエーターと京北を結びつけ、課題解決につながるアクションを探るきっかけづくりを⾏います。

SDGsの達成には、身近なイシュー(課題)への気づきや小さなアクションが大事です。
この展覧会を通して、皆さんの日常に“イシュー解決の小さな一歩”が生まれれば幸いです。

 

詳細は、KYOTO SDGs TIMESよりご覧ください。

 

過去の記事

国際科学会議『3RINCs』に登壇します!
2021年3月17日By
20210205
【メディア掲載情報】「THE INDEPENDENTS 2月号」に掲載されました!
2021年2月5日By
「あなたの靴で京都を輝かせる」 地域に眠る靴を活用して職人を育成するプロジェクト発足
2021年1月27日By

Facebook

Subscribe now to receive sales offer and news updates!
SUBSCRIBE
close-link